ご注意:申し訳ございません。セキュリティ・タイムアウトが発生しました。<BR>念のため、アメリカン・エキスプレス・オンライン・サービスは会員口座情報へのアクセスを終了しました。<BR>セキュリティ・ゾーンで一定時間アクセスがないと接続を解除します。<BR>お客様の重要な情報を保護するためですのでご了承ください。ログオンし直すと、最後に使用していたページが表示されます。

文化遺産・芸術保護

>>印刷する
クローン技術で生まれた「醍醐の桜」の苗木を醍醐寺に植樹。
クローン技術で生まれた「醍醐の桜」の苗木を醍醐寺に植樹。
クローン技術で生まれた「醍醐の桜」の苗木を醍醐寺に植樹。
醍醐寺

世界遺産 総本山 醍醐寺にみんなで桜を植えよう

ポイント 通常 1,000 ポイント

アイテムNo. A808-2181

  お気に入りのアイテムを検討・交換する際にご利用ください。

世界遺産 醍醐寺「三宝院」の大玄関前にある推定樹齢150年以上の枝垂れ桜は、豊臣秀吉が催した史上最大とうたわれる“醍醐の花見“で鑑賞された桜の子孫といわれてます。 桃山時代から伝承される、日本の失われてはならない歴史的な遺産の一つです。 さまざまな自然環境問題により、この桜を維持することが多難な時代を迎えてますが、 醍醐寺では、「桜プロジェクト」を立ち上げ、維持していくことに力を注いでいます。 近年では、その子孫をクローン技術で増殖することに成功いたしました。 希少な世界遺産を未来に伝承していくため、メンバーシップ・リワードのポイントで、クローン技術で生まれた「醍醐の桜」の苗木を醍醐寺に植樹する費用を募るチャリティーを実施いたします。ぜひご協力ください。

■内容:世界遺産総本山・醍醐寺に桜の苗木を植樹する費用
■目標本数:3本
 ※1口1,000ポイントで、600,000ポイントにつき1本の桜を植樹いたします。

※お申込み期限:2018年6月30日(土)


■このアイテムは交換受付完了をもって、手続きが完了いたします。

■各団体からの領収書は発行されませんので、予めご了承ください。